• ホーム
  • >
  • 診療科・部門紹介
  • >
  • 薬剤科

薬剤科

入院から退院、在宅まで

宇部協立病院の薬剤科では、業務分担制と病棟担当制の両方を導入し、入院時の持参薬のチェックから服薬指導、退院時指導まできめ細やかな対応を行っています。退院後も住み慣れたご自宅での療養をサポートするため、ご自宅へ訪問しての服薬指導・管理を実施しています。

何よりも患者さんのために

宇部協立病院は無料低額診療事業を行っており、薬剤科でも「だれもが平等に安全で適切な薬物療法を納得して受ける権利の実現」を目標に掲げています。 より安全で有効性が高くかつ患者さんの負担も少ない薬物療法を目指して、医師と協力して薬を評価し、ジェネリック医薬品の普及活動にも努めています。

医療チームの一員として

がん化学療法、ICT、NST、褥瘡対策、糖尿病患者教育など様々な分野で、専門的な知識を活かした役割を担っています。また、医師へ薬の適正使用や処方設計に関する提案、看護師へ薬の使い方や副作用などの注意事項の説明を行い、チーム医療に積極的に参加し他職種からも信頼されています。

DI活動や副作用調査

医師や看護師などの医療チームから寄せられる薬に関する疑問に迅速に対応しています。薬をめぐる情勢に常に関心を持ち、薬剤師から医療チームへ情報発信します。  薬による健康被害が生じた場合には、専門的な視点で調査を行うとともに、医薬品副作用救済制度の啓蒙活動も行っています。

薬剤師としてのスキルアップ

最新の文献を読み合わせる勉強会やメーカーによる新薬や大規模臨床試験結果についての説明会、各種学会や研修会への参加など、薬剤師としてスキルアップができる職場です。

全国的なネットワークで

私たちの大きな特徴は民医連に所属する多くの仲間と連携しながら様々な活動を行うことにあります。副作用や新薬に関する情報を共有することで、より全国的視野での適切な判断が可能になります。ネットワークを生かし、被災地等での支援活動も積極的に行っています。薬剤師交流集会や病院を越えた研修など、多くの薬剤師と経験や問題意識の交流を深めながら薬剤師としてのやりがいも追求します。


薬剤科見学、薬剤師体験について

宇部協立病院では、
・薬学生の薬剤科見学
・高校生の薬剤師体験
を受け付けております。
問い合わせは下記よりお願いいたします。

問い合わせ先
TEL:0836-33-6111(担当:薬剤科 服部)
 メールでのお問い合わせはこちらから(メールフォーム)
 薬剤科メールアドレス:ubekyoyaku@yahoo.co.jp(直通アドレス)

ページの先頭へ戻る