初期臨床研修医を志す方へ

初期臨床研修プログラムについて

宇部協立病院における臨床研修の特徴

宇部協立病院は、医療生活協同組合健文会のセンター病院です。
健文会は、159床の中規模病院である宇部協立病院をセンター病院として、

・病院(1)
・医科診療所(2)
・歯科診療所(3)
・訪問看護ステーション(3)
・ヘルパーステーション(1)
・グループホーム(1)
・デイサービス(3)
・在宅介護総合センター(1)
・居宅介護支援事業所(1)

で構成されており、その活動の拠点は宇部小野田地域を中心に下関地域を含む山口県西南部にあり,予防から診断、治療そしてリハビリ・介護までを一連のものとしてとらえ実践しながら、さらに医療制度をよくする運動にも取り組んでいます。

初期)臨床研修は主たる宇部協立病院と後述する研修協力病院を中心に行われますが、職員一人一人の顔が見え、病院全体の動きが把握しやすいこの中規模病院の中で、民主的な集団医療を体験・実践しながら、その機動性を生かし研修医自らも院所の医療活動の創造・改善に参加していただきたいと思います。
一方で、全国組織(民医連および医療生協)に加盟しているという特徴を生かし、全国の仲間と交流しながら、自らの研修や医療制度の問題について語り合うことができます。そうした中で、これらのシステムや制度を固定したものとしてとらえ研修や医療を行うのではなく、自らも改革者としてこれらのシステムや制度の改善・改革の一翼を担って行けるように成長を期待し、援助します。

プライマリケア研修としての中規模病院での臨床研修の意義

プライマリケアの基本的能力習得のためには、臓器別に分断されていない診療環境の中で、臓器別ではなく重要度・頻度を重視した診断学と、救急疾患の初期治療、高頻度疾患の治療・管理といった臨床の基本を、主体的に学習・経験し、実践してゆくことが重要です。
また、地方で地域医療を支える医師を育んでいくためには、キャリアを積んで特殊技能を身につけてそれを売り歩く医師を育てるのではなく、地域の中で往診などを通して“生活している”患者さんを実感しながら、ともに働く仲間とともに「地域で何が求められ、自分に何ができるか」を考えながら、自らの将来の医師像を描いてゆけることが大切だと考えています。

初期研修においてのこうした大切な経験や実践は、患者さんに対して、役割を分担・分化した大きな組織の一つの歯車として部分的・受動的に関わるのではなく、個人対個人として全体を通して継続的・主体的に関わってゆく中で、体験してゆくべきものだと考えます。
そのためにも、当院のような総合診療を行う中規模病院が初期の臨床研修にもっとも適していると自負しています。

臨床研修の一般目標と行動目標

臨床医として患者さんや地域から信頼を得て,地域の健康を増進し,『安心して住みつづけられるまちづくり』を実現するために,地域医療に求められる基本的な臨床能力(態度,技能,知識)を身につけながら,医師としての自らの社会的貢献のあり方を考える。

Ⅰ.医師としての基本的臨床能力(知識,技術,態度)を身につける。

1. 基本的臨床知識と技術 … プライマリケアを行う医師として,以下のような診療における基本的な臨床能力を身につける。

2. 診断能力 … 臓器や科を超えた臨床的に重要な疾患(診断の遅れが生命予後や機能的予後に関わる疾患)や症候に対する診断知識・技術を身に付ける。

3. 救急医療 … 生命や機能的予後に係わり,緊急を要する病態や疾病,外傷に対して適切な対応をするために,初期診断能力と初期対応能力を身につける。

4. 基本的な高頻度疾患のマネージメント … 各科における基本的な高頻度疾患(緩和ケアも含む)について,その予防から診断・治療,社会復帰までを正しく理解し,その基本計画が立てられるようになる。

5. 地域医療と予防医療 … 地域保健・医療の重要性を理解し、予防活動に参加して「安心して住みつづけられるまちづくり」に参画する。

6. 診療態度 … 患者さんをその社会的・精神的背景を含め全人的に捉える目を養い,医療の主体者たる患者さんおよびその家族を中心にすえ、常にその人権と希望・要求を意識した診療態度を身につける。

7. 協調性とリーダーシップ … チーム医療の一員として,他の医師やスタッフとの協調性を養い,民主的な集団医療の中でリーダーシップがとれるような人間性を身につける。

8. ライフスタイル … 常に最新の医学知識を身につけるように心がけ,それを習慣とするライフスタイルを確立する。

Ⅱ.医師の社会的責任を自覚し,日本の医療を担う医師になる。

1. 医療の社会性・平等性と現行医療制度の理解 … 医療における社会性・平等性を深く認識し,これを追求してゆくために現行の医療制度を理解し,国民本位の医療をめざす。

2. 医師の社会的責任を自覚 … プライマリヘルスケアにおける医師の役割を自覚できる。

3. 自らの医療展望 … 患者・地域住民の医療要求から出発し,患者を中心とした医療を実践してゆく中で,自らの医師としての展望を作り上げてゆく。

臨床研修の進め方

【必修科目】

≪導入研修≫ … 1ヵ月(4月)

研修病院:宇部協立病院

入局後,3週間の間にオリエンテーション及び他職種研修(院内の各職場・・・病棟看護師や事務課や栄養科など…を見学・研修します)を行います。加えて,その後,他職種と合同の新入職員教育(院所の医療理念教育とプライマリヘルスケアなどの概念の普及)が定期的に行われます。
4週目より,病棟を中心とした業務のオリエンテーションを受けた後,実際に指導医について副主治医としてクラークシップを行います。指導医の診療を見学し,ディスカッションしながら,病棟での診療の仕方を学びます。同時に,病棟での基本的業務(カルテ記載や,処方箋の書き方,指示の出し方,薬剤の使い方など),医療面接と病歴のとり方,身体診察法の基本を学びます。さらに,模擬患者による模擬面接などを行い,コミュニケーションスキルを磨きます。
加えて,基本的手技の注射法・採血法(動脈血・静脈血)を病棟において集中して学習・実践し,確実なものとします。

≪内科病棟研修≫ … 7ヶ月(5月~11月)

研修病院:宇部協立病院

<病棟研修>

2ヶ月目より,基本的疾患・高頻度疾患を中心に病棟の入院患者を主治医として担当し始め,最終的には5~10人の患者を担当します。
担当患者については,定期的に指導医と回診を行い,ディスカッションします。また,週一回の内科回診,および研修医の受持ち患者カンファレンスにおいては,患者のプレゼンテーションを行い,集団的チェックを受けます。また,他職種とのカンファレンス(看護師,薬剤師との病棟カンファレンス,リハビリカンファレンスなど)も持ち,治療方針などの討議を行って集団的医療の中での民主的な運営を学びます。
また,中心静脈穿刺や腹腔穿刺などの基本的手技についても,病棟にて機会あるごとに見学・実践してゆきます。病棟研修に平行して,検査技術研修を行います。

<検査技術研修>

連日午前中は,検査の研修を行います。腹部超音波検査から行い,3ヶ月ごとをめどに順次,単純X線撮影検査・消化管造影検査,消化管内視鏡検査,心臓超音波検査などの検査を習得してゆきます。
あわせて,胸部X線写真読影会は週1回,行われ,研修医はこれに参加し,読影能力も身につけるよう指導を受けます。他に,この時期より後述のごとく,週1~2回の麻酔導入研修,及び救急患者対応や救急の講義を平行して行います。

≪救急研修≫ … 3ヶ月

研修病院:宇部協立病院

<臨床講義>

内科病棟研修中より,救急薬剤,救急機器の説明・取り扱い方の講義,さらには救急疾患の臨床講義を受けます。あわせて心電図などの機器については実習も行います。
さらに救急研修に先行して,日中・夜間の救急患者搬入の際や,病棟患者急変の際には,積極的に出向いて治療に参加するようにします。1年目の7月より副直として当直業務に参加します。これに向け6,7月に,当直に向けての臨床講義をそれぞれの担当医より行います。また,当直で用いる薬剤について,症候別の具体的なその用い方,その副作用などを学びます。

<副直研修>

副直は,月に約4回,7月は主に見学を行いながら指導を受け,8月から予診診察,10月には指導医の監督下で診療を行います。
2年目からは指導医の院内待機のもとに,一人での診察を開始します。当直終了時には全ての来院患者のカルテカンファレンスを行います。

<病棟研修>

救急研修期間に入ってからは,主に病棟は救急搬送された患者を中心に重症患者の全身管理を行います。

≪地域医療・予防医療研修≫ … 1ヶ月

研修病院:宇部協立病院
研修協力施設:生協小野田診療所

<在宅往診研修>

在宅往診を体験します。在宅往診医療を通して,地域内での訪問看護やヘルパーステーションなどとの連携を学びます。
ここで学んだ在宅往診医療は,後で行われる総合診療研修で実践・経験され,病棟から在宅への連携を経験します。

<健診研修>

在宅往診と平行して,基本健診のあり方,企業健診のあり方について学び,実践します。地域の企業への職場訪問にも指導医とともに参加し,労働衛生のあり方についても学習します。

<診療所研修>

1~2週間,診療所で実習し,地域での診療所のあり方を学びます。

【選択必修科目】 ~2科目以上選択します。

≪外科研修≫ … 1ヶ月以上

研修病院:綜合病院山口赤十字病院

手術症例患者を受け持ち,術前術後の管理に参画します。この間に,癌を中心とした外科的疾患の診断と治療を学びます。また,創部消毒とガーゼ交換,ドレーン・チューブ類の管理,局所麻酔法,切開・排膿法,皮膚縫合法,外傷・熱傷の処置などを学び実践します。

≪精神科研修≫ … 1ヶ月以上

研修病院:長門一ノ宮病院、林道倫精神科神経科病院

【精神科研修プログラム】

最低限、病棟で受け持つべき疾患について、基本的な診断からマネージメント(薬物治療・家族指導などを含む)までを学習・経験します(①痴呆、②アルコール依存症、③うつ病、④不安障害(パニック症候群)、⑤心身症)。精神科領域での救急(自殺企図なども含む)の初期対応を学習・経験します。

≪産婦人科研修≫ … 1ヶ月以上

研修病院:山口県済生会下関綜合病院、綜合病院山口赤十字病院、山口大学医学部附属病院

【産婦人科研修プログラム】

研修について
全ての研修医は、2年目の1ケ月間に、上級医の指導のもとに日常診療に適切に対応できるために、必須科目として、産婦人科の基礎的な知識、技能、患者に対する態度などを修得します(具体的には、外来患者の病歴の聴取に始まり、診察、検査、診断、治療法の決定、治療を行い、診療録にその内容を簡潔に記載する)。

≪小児科研修≫ … 1ヵ月以上

研修病院:山口県済生会下関綜合病院、綜合病院山口赤十字病院、山口大学医学部附属病院
研修協力施設:上宇部こどもクリニック

小児科及び小児科医の役割を理解し、小児科医療を適切に行うために必要な基礎知識・技能・態度を修得します。

【選択科目】

≪麻酔科≫ … 1ヶ月以上

研修病院:綜合病院山口赤十字病院

手術患者を受け持ち、術前評価と麻酔管理法の立案について学習します。麻酔医の指導下に血管確保(末梢静脈路、中心静脈路、動脈カテーテル)、気道管理法(バッグマスク換気、気管挿管)、モニタリング(心電図、血圧測定、パルスオキシメータ、カプノメータ、体温、筋弛緩)など麻酔処置のABCが確実に行えるように訓練します。合わせて,麻酔の管理全般を研修しながら,麻酔薬および昇圧薬等の心血管系作動薬の適切な使用法を学びます。

≪整形外科≫ … 1ヶ月以上

研修病院:宇部協立病院

外傷や運動器系疾患の診断と治療を経験し学び、病棟及び外来での小外科や外科救急などを中心にプライマリケア医に求められる外科的技術を確立します。加えて外来での術後患者の外来フォローのあり方などを学び,経験・実践します。

≪総合診療研修≫ … 1ヶ月以上

研修病院:宇部協立病院、宇部興産中央病院
研修協力施設:生協小野田診療所、上宇部こどもクリニック

これまで学んできた知識や経験を最大限生かしながら,医療の現場で予防から外来急性期,入院,さらには再び外来フォローまたは在宅往診,さらには終末期医療まで,一貫して主治医として担当して個々の患者を診ます。
加えて,初診一般外来を指導医の監督下で開始し,症候学・診断学を駆使して,限られた外来診療の中で診断し,方針を立てる訓練を開始します。この外来研修を通して,診断学の基礎を集大成してゆきます。
また,期間中は研修医の希望により内容の選択も可能です。

ページのトップへ戻る