医学生の方へ

研修について

初期研修

研修理念

① 医師としての基本的臨床能力(知識、技術、態度)を身につける

② 医師の社会的責任を自覚し、日本の医療を担う医師になる

研修について

宇部協立病院は、山口県の民間病院で唯一、
日本プライマリケア連合学会認定「家庭医後期研修プログラム」を持っている病院です。

研修の特徴

総合的で、実践的な力をつけることを重視した研修

患者さんは、高血圧、糖尿病などさまざまな病気をもって来院されます。私たち医師は、疾患を臓器別にとらえるのではなく、総合的にそして的確に診断できる力を大切にしています。Common diseazeを中心に、診断現場で必要な手技を身に付けるのに十分な症例が経験できます。

救急から看取りまでカバーできる研修

当院では年間900台前後の救急車を受け入れています。宇部市内では2次救急病院として2番目の受け入れを行っており、たくさんの症例を経験でき、診断能力も身に付けることができます。

 チーム医療での研修

医療は医師一人ではできません。看護師やソーシャルワーカーなど多くのコ・メディカルスタッフの協力が必要です。私たちは医師とスタッフが対等な関係で患者さんにかかわることを大切にしています。

研修医が自らデザインする研修

研修医、指導医、研修現場の看護師長、事務が参加する「研修委員会」があります。ここでは研修医自らが研修の進行状況を評価・報告し、指導医や現場スタッフからの客観的評価を受けながら、翌日からの研修に反映させていきます。

地域で暮らす人々の声を、直接聞きながらの研修

山口県内でただひとつの医療生協の病院です。約18000人の医療生協の組合員さんと一緒に、地域の健康づくりに取り組んでいます。
地域医療研修では医師や看護師、ホームヘルパーと患者さんのお宅へ訪問します。一人の患者さんを多角的に診ることができます。

全国規模での研修〜初期研修から後期研修も含めて〜

宇部協立病院は、日本でも有数の医療団体である全日本民主医療機関連合会(略称:民医連)に加盟しています。現在52の病院が厚生労働省の臨床研修病院の指定を受け、毎年多くの研修医を受け入れています。研修医は中国四国地域や全国規模で交流し、学んでいます。

研修スケジュール(例)

1年目

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
導入
研修
内科 救急部門 整形
外科

 

2年目

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
整形外科 外科・
小児科
外科・
産婦人科
外科・
小児科
外科・
産婦人科
精神科・
地域医療
総合診療

研修施設

【内科・救急・整形外科】 宇部協立病院

【小児科】 山口県済生会下関総合病院、上宇部こどもクリニック、山口大学医学部附属病院、綜合病院山口赤十字病院

【産婦人科】 山口県済生会下関総合病院、山口大学医学部附属病院、綜合病院山口赤十字病院

【精神科】 長門一ノ宮病院、林道倫精神科神経科病院

【総合診療】 宇部協立病院、生協小野田診療所、上宇部こどもクリニック、宇部興産中央病院

【外科】 綜合病院山口赤十字病院

【地域医療】 宇部協立病院、生協小野田診療所

新専門医制度

整形外科、内科、総合診療の連携施設として準備中。

待遇

【身分】 常勤医師

【給与】 1年次:400,000円(基本給・研修医手当込)、2年次:450,000円(基本給・研修医手当込)
※通勤手当・住宅手当・家族手当・保育手当・年末年始勤務手当・当直手当などは別途支給

【休暇】 土・日・祝、有休休暇、夏季休暇、年末年始休暇あり。その他出産休暇、育児休暇、介護保険休暇等あり。

【福利厚生】 加入保険(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)、共済制度(休業補償制度、医療費助成制度等)

詳細はこちらをご覧ください。

研修医室のご紹介

当院では研修医がゆっくりできるスペースを確保しており、室内にはソファーや冷暖房も完備してあります。
CVC穿刺挿入シミュレーターや採血・点滴のシミュレーターなど時間があるときにいつでも勉強できるようになっています。医学書や参考書などでゆっくり調べものできます。
室内には電子カルテ端末も設置しており、こちらで記入することもできます。

%e7%a0%94%e4%bf%ae%e5%8c%bb%e5%ae%a4%e2%91%a1
%e7%a0%94%e4%bf%ae%e5%8c%bb%e5%ae%a4%e2%91%a0

ページのトップへ戻る