宇部協立病院

  • 交通アクセス
  • 送迎バス
  • リンク
  • お問い合わせ
宇部協立病院 薬剤科
ホーム  > 宇部協立病院 薬剤科 > 何よりも患者さんのために
在宅医療

何よりも患者さんのために

何よりも患者さんのために

何よりも患者さんのために

宇部協立病院は経済的に困難な人も安心して受診できるように、無料低額診療事業を行なっており、薬剤科でも「だれもが平等に安全で適切な薬物療法を納得して受ける権利の実現」を目標に掲げています。
より安全で有効性が高くかつ、患者さんの負担も少ない薬物療法を目指して、医師と協力して薬を評価し、ジェネリック医薬品の普及活動にも努めています。

入院から退院まで

宇部協立病院の薬剤科では、業務分担制と病棟担当制の両方を導入し、入院時持参薬のチェックから服薬援助、退院時指導まで効率良く、きめ細やかな対応を行なっています。

医療安全の取り組み

病院内では薬をめぐって様々なヒヤリ・ハットがあります。
薬剤師は、薬のリスクマネージャーとして現場で起きている実態を把握し、事故を防止するに止まらず、薬学的観点でより安全な薬物療法を提供します。

医療安全の取り組み
ページの先頭へ
医療生協健文会 宇部協立病院

宇部協立病院

©2009- Ube Kyouritsu Hospital All Right Reserved.