宇部協立病院

  • 交通アクセス
  • 送迎バス
  • リンク
  • お問い合わせ
医系学生・高校生へ
ホーム  > 医系学生・高校生へ > 医師研修 > 内科後期研修
医系学生・高校生へ

宇部協立病院 内科後期研修プログラム

内科後期研修

一般目標
3年間の研修後、一般内科診療所の所長や、病院内科の中核的メンバーとして、地域医療の第一線で活躍できる内科医の養成をめざす。
行動目標

  • 高血圧・糖尿病・慢性肝炎・肺気腫・脳卒中後遺症などの外来慢性疾患患者の全身・生涯管理ができる。
  • 肺炎、脳卒中、心不全急性増悪など老人の急性疾患が多くを占める病棟で、病棟医として責任ある立場で診療を遂行できる。
  • かかりつけ医として訪問診察を行い、地域の在宅医療のネットワークのなかで役割を果たすことができる。
  • 上部消化管(、下部消化管)の造影X線検査、内視鏡検査が実施でき、胃癌(、大腸癌)の検診や早期発見ができる。胃ろう造設もできる。
  • 腹部エコーを用いて急性腹症の診断、慢性肝炎の管理(肝癌の発見)、健診などができる。
  • 心臓エコーで急性心筋梗塞の診断が下せたり、頚動脈エコーもあわせ慢性疾患患者の心臓機能評価・動脈硬化評価ができる。
  • 診療所、病棟の管理会議や運営会議に参加して、管理や各種の改善運動での役割を果たすことができる。
  • 初期研修医の指導医として役割を果たすことができる。
  • 看護師ほかの他職種の生涯研修の援助ができる。
    (*求めに応じて開発途上国や被災地での医療活動に従事できる。) 

方略  一つのモデル

卒後3年目 卒後4年目 卒後5年目
一般病棟のマネジメント 外来のマネジメント 診療所のマネジメント
主治医
(10-15人の患者)
病棟は継続
(5-10人の患者)
副所長 あるいは所長
病棟医長の補佐的役割 予約外来2単位 往診 健診
産業医学活動
事故防止あるいは
院内感染防止委員会参加
一般外来2単位  
  訪問診察1単位  
内視鏡X線造影研修
2-3単位
内視鏡X線造影研修
2-3単位
 
超音波研修2単位 超音波研修2単位  

医師研修プログラムに戻る

ページの先頭へ
医療生協健文会 宇部協立病院

宇部協立病院

©2009- Ube Kyouritsu Hospital All Right Reserved.