宇部協立病院

  • 交通アクセス
  • 送迎バス
  • リンク
  • お問い合わせ
医系学生・高校生へ
ホーム  > 医系学生・高校生へ > 臨床研修 > 臨床研修の進め方 > 導入研修
医系学生・高校生へ

臨床研修の進め方

導入研修 1ヶ月(4月)

◆2ヶ月目より、基本的疾患・高頻度疾患を中心に病棟の入院患者さんを主治医として担当し始め、最終的には5~10人の患者を担当します。

担当患者については、定期的に指導医と回診を行い、ディスカッションを行います。また、週一回の内科回診、および研修医の受持ち患者カンファレンスにおいては、患者のプレゼンテーションを行い、集団的チェックを受けます。また、他職種とのカンファレンス(看護師、薬剤師との病棟カンファレンス、リハビリカンファレンスなど)も持ち、治療方針などの討議を行って集団的医療の中での民主的な運営を学んでゆきます。

また、中心静脈穿刺や腹腔穿刺などの基本的手技についても、病棟にて機会あるごとに見学・実践してゆきます。(基本的手技の実習については別表参照)

▶Next内科病棟研修 6ヶ月(5月~10月)

臨床研修研修プログラム トップへ戻る

宇部協立病院医師研修プログラム トップへ戻る

ページの先頭へ
医療生協健文会 宇部協立病院

宇部協立病院

©2009- Ube Kyouritsu Hospital All Right Reserved.