宇部協立病院

  • 交通アクセス
  • 送迎バス
  • リンク
  • お問い合わせ
医系学生・高校生へ
ホーム  > 医系学生・高校生へ > 臨床研修 > 臨床研修の一般目標
医系学生・高校生へ

1.臨床研修の一般目標

臨床医として患者さんや地域から信頼を得て,地域の健康を増進し,『安心して住みつづけられるまちづくり』を実現するために,地域医療に求められる基本的な臨床能力(態度,技能,知識)を身につけながら,医師としての自らの社会的貢献のあり方を考える。

Ⅰ.医師としての基本的臨床能力(知識、技術、態度)を身につける

1. 基本的臨床知識と技術

プライマリーケアを行う医師として、
以下のような診療における基本的な臨床能力を身につける
① 医療面接
②身体診察法
③臨床検査
④基本的手技
⑤基本的治療法
⑥医療記録
⑦症例提示
⑧診療計画
⑨安全管理
⑩問題対応能力

2.診断能力

臓器や科を超えた臨床的に重要な疾患(診断の遅れが生命予後や機能的予後に関わる疾患)や症候に対する診断知識・技術を身に付ける。

3.救急医療

生命や機能的予後に係わり,緊急を要する病体や疾病,外傷に対して適切な対応をするために,初期診断能力と初期対応能力を身につける。

4. 基本的な高頻度疾患のマネージメント

各科における基本的な高頻度疾患(緩和ケアも含む)について,その予防から診断・治療,社会復帰までを正しく理解し,その基本計画が立てられるようになる。

5.地域医療と予防医療

地域保健・医療の重要性を理解し、予防活動に参加して「安心して住みつづけられるまちづくり」に参画する。

6.診療態度

患者さんをその社会的・精神的背景を含め全人的に捉える目を養い,医療の主体者たる患者さんおよびその家族を中心にすえ、常にその人権と希望・要求を意識した診療態度を身につける。

7.協調性とリーダーシップ

チーム医療の一員として,他の医師やスタッフとの協調性を養い,民主的な集団医療の中でリーダーシップがとれるような人間性を身につける。

8.ライフスタイル

常に最新の医学知識を身につけるように心がけ,それを習慣とするライフスタイルを確立する。

Ⅱ.医師の社会的責任を自覚し、日本の医療を担う医師になる

1.医療の社会性・平等性と現行医療制度の理解

医療における社会性・平等性を深く認識し,これを追求してゆくために現行の医療制度を理解し,国民本位の医療をめざす。

2.医師の社会的責任を自覚

プライマリヘルスケアにおける医師の役割を自覚できる。

3.自らの医療展望

患者・地域住民の医療要求から出発し,患者を中心とした医療を実践してゆく中で,自らの医師としての展望を作り上げてゆく。

▶Next2.臨床研修の一般目標と行動目標

臨床研修研修プログラム トップへ戻る

宇部協立病院医師研修プログラム トップへ戻る

ページの先頭へ
医療生協健文会 宇部協立病院

宇部協立病院

©2009- Ube Kyouritsu Hospital All Right Reserved.