宇部協立病院

  • 交通アクセス
  • 送迎バス
  • リンク
  • お問い合わせ
医系学生・高校生へ
ホーム  > 医系学生・高校生へ > 臨床研修 > 基礎研修の特徴
医系学生・高校生へ

宇部協立病院における基礎研修の特徴

宇部協立病院は、医療生活協同組合健文会のセンター病院です。

健文会は、159床の中規模病院である宇部協立病院をセンター病院として、1病院2診療所、1訪問看護ステーション、1保険調剤薬局で構成されており、その活動は宇部小野田地域を中心に予防から診断、治療そしてリハビリ・介護までを一連のものとしてとらえ実践しながら、さらに医療制度をよくする運動にも取り組んでいます。

基礎研修は主に宇部協立病院および後述する研修協力病院を中心に行われますが、職員一人一人の顔が見え、病院全体の動きが把握しやすいこの中規模病院の中で、民主的な集団医療を体験・実践しながら、その機動性を生かし研修医自らも院所の医療活動の創造・改善に参加していただきたいと思います。

プライマリーケアの習得に最も適したこの中規模病院で、往診などを含めた地域医療を実践していく中で、“生活している”患者さんを実感しながら、「地域で何が求められ、自分に何ができるか」を考えていき、自らの将来の医師像を描いてゆくことが大切です。

一方で、全国組織(民医連および医療生協)に加盟しているという特徴を生かし、全国の仲間と交流しながら、自らの研修や医療制度の問題について語り合うことができます。そうした中で、これらのシステムや制度を固定したものとしてとらえ研修や医療を行うのではなく、自らも改革者としてこれらのシステムや制度の改善・改革の一翼を担って行けるように成長を期待し、援助します。

▶Next1.臨床研修の一般目標

臨床研修研修プログラム トップへ戻る

宇部協立病院医師研修プログラム トップへ戻る

ページの先頭へ
医療生協健文会 宇部協立病院

宇部協立病院

©2009- Ube Kyouritsu Hospital All Right Reserved.