宇部協立病院

  • 交通アクセス
  • 送迎バス
  • リンク
  • お問い合わせ
患者さまへ
ホーム  > 患者さまへ > リハビリテーション科のご紹介
患者さまへ

リハビリテーション科のご紹介

リハビリテーションとは?

 リハビリテーション(rehabilitation)とは「再び(re)適した状態になること(habilis)」という意味を持ちます。
病気やケガなどが原因で心や身体の機能に障害が生じたり、日常生活に支障が生じた方に対し、様々な訓練・活動・支援を実施し、「人間らしく生きる権利の回復」を目指します。

当院リハビリテーション科の方針

 各専門分野(PT、OT、ST)のスタッフを充実させながら、各専門性の追求、教育、学習、啓発活動を行い、他職種間において情報、知識、技術、を共有することでチーム医療の質を高め、患者様へ安心・満足のいくサービスを提供し、早期の社会復帰を目指し、絶え間ない継続的なリハビリテーションを提供します。

理学療法とは?

理学療法は、病気や怪我、老化現象などにより、運動機能が低下した状態にある人々に対して、機能回復を行う治療のひとつです。
主に起き上がる・座る、立つ、歩く等の動作の維持・改善を目的に、運動療法・物理療法(温熱・電気・光線)・日常生活動作練習等を行います。
患者様に応じた装具・車椅子・杖等の福祉用具の検討、退院後の在宅療養に向けての住宅改修のアドバイス、ホームエクササイズや介護方法の指導を行います。

作業療法とは?

様々な病気や外傷などにより日常生活(食事・排泄・入浴・家事・趣味・外出・仕事等)が難しくなった方に対して、日常生活や本人の希望に沿った訓練や作業活動を通して、その人らしく活動的で質の高い生活を送れるように援助を行います。

言語聴覚療法とは?

聴く・話す・読む・書くなど、コミュニケーションに関わる障害のある方に対し、言語機能の回復や、周囲の方との会話能力の向上を目指します。また、食べることに関わる障害のある方に対し、食べる楽しみの実現や口腔機能の回復を目標に、食物をしっかり飲む込む練習や食事形態の調整などを行います。

疾患別リハビリテーション

当院では疾患別リハビリテーションの運動器リハビリテーション(Ⅰ)、脳血管リハビリテーション(Ⅰ)、がん患者リハビリテーションの各基準を満たし、充実したリハビリを提供しています。

   リハビリについてのお問い合わせ、ご質問はこちらから。
ページの先頭へ
医療生協健文会 宇部協立病院

宇部協立病院

©2009- Ube Kyouritsu Hospital All Right Reserved.