宇部協立病院

  • 交通アクセス
  • 送迎バス
  • リンク
  • お問い合わせ
患者さまへ
ホーム  > 患者さまへ > 乳がん検診
患者さまへ

乳がん検診受診のおすすめ

 乳がんは女性が罹患するがんの1位で、日本人女性の15人に1人が生涯の中で罹患すると言われています。
ライフスタイルの欧米化で年々増え続ける傾向を示し、発症する年齢が40歳台で最も多いのが特徴です。乳がんは早期発見すれば、命を落とすことの少ないがんです。
では早期発見をするために実際どういった検診を受けるのがよいでしょうか?

年齢や症状にあった検診を受けましょう

 いくら乳がん検診が重要だといっても、全ての年齢の女性が全ての検査を受ける必要はありません。
 例えば、マンモグラフィ検診は、乳腺の発達している若い女性の場合、乳腺が白く映るため石灰化と判別がしにくくなります。
 よって、20代の女性が毎年受診する検査ではありません。(近親者に乳がん経験者がいる場合などは除く)年齢に合った検査方法を選択する必要があります。

 50歳以上  マンモグラフィ(2年に1回)のみ または マンモグラフィ(2年に1回)+ 超音波検診(毎年)
40歳代   マンモグラフィ(2年に1回)のみ または マンモグラフィ(2年に1回)+ 超音波検診(毎年)
30歳代   気になる症状がある場合は受けましょう。
20歳代   基本的には必要ありません。

※第1度近親者(親子、姉妹)に乳がんの方がいる場合などは、年代を問わず 超音波検診(毎年)+ マンモグラフィ(毎年)を受けられることを推奨します。

2006年度に、「40歳以上の女性に対し、2年に1度、視触診及びマンモグラフィ併用検診を行う」指針が厚生労働省より通知されました。よって、ほとんどの自治体は、2年に1度の受診を推奨しています。宇部市では基本5年に一回の無料クーポン券と2年に一回の受診券が配布されます。
マンモグラフィによる検査は放射線を使っていますので短い間隔で何度も行う検査ではありません。まず御自分でのチェックを定期的に行い(月に1度等)気になることがあれば受診して検査を行う。超音波に関しては放射線を使いませんので若い方や気になる方はまず超音波で検査をしてみてはいかがでしょうか?

宇部協立病院では、女性技師が撮影をしています。


マンモグラフィの撮影に関しては基本診療日であれば曜日は問いません。ただし他の検診と同時に受ける場合や外科の医師の診察に関しましては日程がありますので電話や受付等でお気軽にお問い合わせください。受けられる方の都合に可能な限りあわせて調整いたします。
また撮影した写真に関しましては当院でのチェックと、資格をもった外部での専門の読影医による2重でのチェックを行っています。

費用としては、市のクーポンを使わず受ける場合は以下の通りです。

   通常 医療生協組合員 
 50歳以上 5140円  3090円 
 50歳未満 4110円  2570円 


検診についてのお問い合わせ、ご質問はこちらから。
ページの先頭へ
医療生協健文会 宇部協立病院

宇部協立病院

©2009- Ube Kyouritsu Hospital All Right Reserved.