奨学生活動のご案内

医学生のつどい

医学生のつどい(民医連の医療と研修を考える 医学生のつどい)とは

今年度で38回目となる医学生のつどいは全国の医学生が学び、交流する企画です(医師や看護師など含めて400人規模)。自分が将来どういう医師になりたいか、民医連の医療とはどのようなものか、いま日本ではどのようなことが起こっているのか、全国の医学生は何を考えているのかなど、様々な興味、関心をもとにじっくり学習と討論をし、そしておおいに交流しています。
医学・医療の問題にとどまらず、幅広く社会のことも考えていけるようなテーマを決めて講演を聴いたり、フィールドワークと称して地域に出かけたり(2016年3月に宮城で行われた医学生のつどいでは東日本大震災から5年経った被災地の視察や仮設住宅者の方と交流しました)、少人数グループでの討論をしています。ぜひ一度、参加してください。

第38回 医学生のつどいがスタートしました

医学生つどいは年間テーマを設け、4回の学びを通して深めていきます。
医学生のつどいを通して、年間テーマ「医師の使命を考える~今の時代に求められる医療~」について考えてみませんか?

2017年度の予定

 

Frist Quarter
6/24~6/25  テーマ:「平和」 場所:グランドプリンスホテル広島
2nd Quarter
9/30~10/1 テーマ:「公害」 場所:湯沢ニューオータニ(新潟県)
3rd Quarter
12/23~12/24 テーマ:SDH~健康の状態とはなにか~」 場所:ニューウェルシティ湯河原
Final Quarter
2018/3/23~3/25 場所:沖縄

ページのトップへ戻る